タクシーの運転手の働き方はどんな感じでしょう?

タクシーの勤務体系は3種類

タクシーの運転手の仕事はかなりきついというイメージをもっているかもしれませんが、勤務体系はどういうものでしょうか。一般的な勤務体系が「隔日勤務」です。朝から翌朝まで20時間働き(出番)、仕事が終わった日は明番として一日休みであるという働き方です。出番ー明番をくりかえし、その他に4日ほど休みがあるのが一般的で、出番数は11日から13日です。隔日勤務の他には、「日勤」と「夜勤」があります。日勤は普通の会社員と同じく7時頃から17時頃までの勤務体系です。朝の出勤時間がお客様を乗せるメインの時間になります。夜勤は逆に夕方6時か7時頃から夜中の2時3時頃まで働きます。こちらは夜の割増料金の時間帯がメインになります。どちらも月に22日から24日勤務になります。

タクシー運転手は働く時と休憩のメリハリが大切

ここでは隔日勤務での話をします。20時間という長丁場の労働時間ですので、働くペースを自分で調整して働かなければなりません。休憩が3時間与えられているとはいえ、会社を出ればあとは自分の自由、またはお客様が手を挙げていれば自由がないということにもなります。朝の出勤の時間、夕方の退社時間、夜の繁華街、終電後などがお客様が乗車するメインの時間です。それ以外の時間を効率よく休憩の時間にしないと、運転の仕事なので体調に影響が出て、次の仕事に悪い結果が出ます。稼げる時間にしっかり働くために稼ぎの悪い時間は強制的にでも休憩や食事などの時間に当てること。お客様が全然乗らずに焦っていつまでも探してしまうこともありますが、こういう時こそ車を止めて休憩を取る方が、間合いや雰囲気が変わっていい結果が生まれるものです。

役員運転手の主な仕事は、役員のスケジュールに合わせて送迎することです。通常の運転手に比べ、年齢が高いほど好まれる傾向にあります。