社員研修も座学よりも活動的な物が喜ばれます

社員研修は従来の座学中心の時代は終わりました

社内研修と言うと、講師を招いて、お話を拝聴したり、場合によってはパソコンで技能アップのためのための物のありましたが少なかったです。今の若い方は座学だと疲労を感じるという方が多く、社内研修でもアクティブな場面がないと飽きてしまうようで、効率が悪くなります。そこで、社内研修では、講義形式と演習として集まった人たちをいくつかのグループに分けて意見を言わせたりするような活動を盛り込むことが効果的になります。また、全体講義の後は、街の中はどうなっている中、お客さんの流れをつかむために調査に出かけても良いでしょう。このように一日中座学は今の若い人たちは苦手です。逆にアクティブに活動できる場面を作ると成果を発揮しますので、中身を工夫することで充実した研修となります。

研修の成果を仕事に生かす

研修で学んだことを仕事に生かすことは今も昔も同じです。ただ、明日の仕事にすぐに生かせる物ではないにしろ、研修で学んだことはいずれ仕事で使う可能性が高くなりますので、しっかり覚えておく方が得です。それと、将来のエリートと注目されるサラリーマンは本をよく読みます。給料の5パーセントから10パーセント程度は本代にして自分のために勉強するという人もいます。ただ、優秀な大学を卒業しているだけでなく、会社に就職しても毎日努力をしています。若いうちのこうした努力は5年後、10年後は大きな差となります。会社が終わってから飲みに行くことも良いですが、本を読んで勉強する時間を持つことを忘れてはいけません。

管理職研修とは部下育成やマネジメントスキルをアップするために受ける講習のことです。講師は社内の専門の部署でする場合と社外から招く場合があります。