起業するなら!代理店とフランチャイズのどちらを選ぶ?

代理店とフランチャイズってどこが違うの?

どちらも本部の商品を扱う事は同じですが、代理店とフランチャイズには大きな違いがあります。フランチャイズとは本部の加盟店となって、商品はじめロゴや販売方法など全てのノウハウを受け継ぐ形式です。一方代理店では本部の商品販売の委託契約を結び、販売活動を行います。

フランチャイズのメリットは、本部が長い時間をかけて積み上げてきた経験やノウハウをそっくり利用できる点にあります。事業経験が全くない場合でもすぐに経営をスタートすることが出来、安定した利益を生むことも望めます。しかし決して安くないロイヤリティの支払いの義務や、自由な発想での販売活動を禁じられるなど厳しい制限があります。

代理店では、ロイヤリティの支払い義務もなく、縛りもきつくないため自由な経営が可能です。契約した商品以外のものを扱うことも出来ます。しかし運営のバックアップや利益の担保は得られないというデメリットもあります。

どんな業種が向いているのか

代理店といえば、広告代理店、保険代理店、携帯電話販売代理店などは有名ですが、幅広いジャンルをカバーしておりアパレルや美容、介護や教育など多岐にわたります。このため、自分の得意で好きな分野を選ぶことも可能です。フランチャイズの魅力は経営が成功する確率が非常に高い事です。コンビニ、アパレル、化粧品、居酒屋など、こちらも数多くの業種があります。

フランチャイズを開始するにはある程度の元手が必要ですが、代理店ならば経歴や人脈などを利用すればすぐにでも起業可能です。近年注目を集めているのがネットショップの代理店です。誰でもネットショップを出せるようになったこともあり非常に勢いのある分野です。

主に企業の製作した商品やサービスなど、エンドユーザーとの間に入って取引をするのが代理店で、与信や規模の問題で直接できない取引先などに有益で、商社が代表例です。